Xserverでメルマガだけ発行しているケースはよくあるはず
例えば、WWWサーバとMAILサーバは、別々にする

https://example.com/  AWSで運用
mail.example.com    Xserverで運用

こういう状態のときに、Xserverに example.comドメインを追加して、
メルマガを作成すると、管理ツールURLはこれになります。
http://example.com/xmailinglist/mag/admin/

でもこのURLでアクセスすると、AWSの方にアクセスが行って、404ページなしエラーになります、当然。

で、どうするかというと、Xserverにはドメインチェック用のURLがあるので、こっちを使えばOK
http://example-com.check-xserver.jp/xmailinglist/mag/admin/

  1. 前提
    • AWS / EC2, Certificate Manager, Route 53
    • Amimoto
  2. さらに読む

1.環境
  AWS Linux、nginx、php-frm、WP

2.インスタンスをコピー
  イメージの作成でAMIを作ってそこから起動
  セキュリティグループに 22を追加して後で塞いでおく

3.PHP バージョンアップ

yum -y remove php-*
yum -y remove httpd-tools
yum clean all
yum install php73 php73-cli php73-common php73-fpm php73-imap php73-json php73-mbstring
yum install php73-mysqlnd php73-opcache php73-pdo php73-process php73-xml php73-gd
e /etc/php-fpm-7.3.conf
service php-fpm restart
service nginx restart

gdをインストールし忘れて後からインストールするとき、libwebpを1回削除してからいれること
(curlのバージョンも上げておく)

yum remove libwebp
yum –disablerepo=epel –enablerepo=amzn-updates install libwebp
yum install php73-gd
yum install curl

php-frm の設定ファイル(/etc/php-fpm.d/www.conf)の内容をコピー
listen.owner = nginx
listen.group = nginx
ここはエラー(WARNING: [pool www] ACL set, listen.owner = ‘nginx’ is ignored)になるので、
コメントアウトすること。

WordPressを管理画面で立ち上げるとエラーになるときは、ログを確認
tail /var/log/nginx/error.log

Slider Revolutionのバージョンが古く、立ち上がらなかったので、FTPでプラグインフォルダを削除して
公式サイトから最新版をダウンロードして入れ替えたら動いた

続く・・・かも

Enfold > Theme Options
Maintenance Mode
メンテナンスページを指定
「投稿者」以上のパーミッションのユーザーはログインしていれば、本来の画面が表示される
「購読者」「寄稿者」パーミッションのユーザーはログインしていてもメンテナンス画面が出る

Enfold > General Styling
Quick CSS
ユーザー設定の cssはここにまとめる

Enfold > Header > Extra Elements
Header Social Icons
グローバルナビにFacebookなどのアイコンを出すかどうかの指定

続く…

Enfoldのソースを直接改変
/wp-content/themes/enfold/config-templatebuilder/avia-shortcodes/google_maps/google_maps.php
さらに読む

サーバーパネル>SSH設定>ONにする

SSHでの接続ポートは【10022】
サーバーパネル>SSH設定>公開鍵認証用鍵ペアの生成
パスフレーズを設定
keyファイルができる

さらに読む