Archive for the 'PostgreSQL' Category

レガシー環境で動作しているサイトの常時SSL化

Ubuntu10.04 で、EC-CUBE 2.4.4 と WordPress 3.0.1 が動いているという、今となってはかなり特殊な(レガシーな)環境で動作しているサイトの常時SSL化をいたします。(備忘録)

1.WordPressのデータダンプ

# mysqldump -u root -ppassword wordpress-db > wordpress-db-dump20180918.sql

2.データダンプの書き換え(http ⇒ https)

# 画像ファイルは、http://hoge.com/??? を取る
# URLは書き換え
# wp_options は文字長が入っているので要注意

3.Let’s Encrypt (dehydrated)を入れる

# curl -kLO https://github.com/lukas2511/dehydrated/releases/download/v0.6.2/dehydrated-0.6.2.tar.gz
# tar xf dehydrated-0.6.2.tar.gz
# cd dehydrated-0.6.2
# cp docs/examples/config config
# nano config
WELLKNOWN=”/var/www/dehydrated” #コメントを取る
# mkdir /var/www/dehydrated
# nano /etc/apache2/conf.d/dehydrated.conf
Alias /.well-known/acme-challenge /var/www/dehydrated


# nano domains.txt
hoge.com www.hoge.com
# ./dehydrated –register –accept-terms
# ./dehydrated -c –accept-terms
# crontab -e
0 3 1,15 * * /root/dehydrated-0.6.2/dehydrated –config /root/dehydrated-0.6.2/config –cron >> /tmp/ssl-update.log 2>&1

4.apache2 への組み込み

# nano /etc/apache2/sites-available/default-ssl

NameVirtualhost *:443

ServerName hoge.com
ServerAlias www.hoge.com
DocumentRoot /www/wordpress/
ErrorLog /var/log/apache2/error.log
LogLevel warn
CustomLog /var/log/apache2/ssl_access.log combined
SSLEngine on
SSLCertificateFile /root/dehydrated-0.6.2/certs/hoge.com/fullchain.pem
SSLCertificateKeyFile /root/dehydrated-0.6.2/certs/hoge.com/privkey.pem
SSLCertificateChainFile /root/dehydrated-0.6.2/certs/hoge.com/chain.pem

# a2enmod ssl # sslモジュールを入れる
# a2ensite default-ssl
# service apache2 restart
# netstat -ltup4 # httpsが上がっていることを確認

5..htaccess の書き換え(http ⇒ https)

# nano /www/wordpress/.htaccess
RewriteEngine On
Options +FollowSymLinks
RewriteBase /
#RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.(html|php)
RewriteRule ^(.*)index.(html|php)$ http://%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.)?(hoge\.com)$ [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
# uploaded files
RewriteRule ^files/(.+) wp-includes/ms-files.php?file=$1 [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -f [OR]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -d
RewriteRule ^ – [L]
RewriteRule . index.php [L]

6.データダンプからデータベースを書き換え

# mysql -u root -p
use wordpress-db;
source db1.sql; # httpを書き換えたダンプ(UTFで保存)

7.WordPressテーマの書き換え

httpが直書きされてそうなファイル
# cd /www/wordpress/wp-content/themes/hoge/
functions.php
header.php
loop-index.php
style.css

8.EC-CUBEの書き換え

# nano /home/www/hoge/eccube-2.4.4/data/install.php
define (‘SITE_URL’, ‘https://shop.hoge.com/’);
define (‘SSL_URL’, ‘https://shop.hoge.com/’);

# httpが直書きされてそうなファイル
# nano /home/www/hoge/eccube-2.4.4/html/user_data/include/preview/bloc_preview.tpl
# nano /home/www/hoge/eccube-2.4.4/html/user_data/include/preview/footer.tpl
# nano /home/www/hoge/eccube-2.4.4/html/user_data/include/preview/header.tpl
# nano /home/www/hoge/eccube-2.4.4/html/user_data/packages/default/footer.tpl
# nano /home/www/hoge/eccube-2.4.4/html/user_data/packages/default/header.tpl
# nano /home/www/hoge/eccube-2.4.4/html/user_data/packages/default/bloc/optional.tpl
# nano /home/www/hoge/eccube-2.4.4/html/user_data/packages/default/bloc/other_menu.tpl
# nano /home/www/hoge/eccube-2.4.4/data/Smarty/templates/default/site_frame.tpl
# nano /home/www/hoge/eccube-2.4.4/data/Smarty/templates/default/detail.tpl
# nano /home/www/hoge/eccube-2.4.4/data/Smarty/templates/default/bloc/category.tpl

10.eth0がリネームされ、ネットワークが使えない時

# ifconfig
lo しか有効になっておらず、ネットワークアクセスできない。
# nano /etc/network/interfaces
eth0_rename になってた
# rm /etc/udev/rules.d/70-persistent-.rules
# reboot
これで直った。リネームされた原因不明

11.PostgreSQLが壊れていた場合(pg_xlog不整合でサービスが起動せず)

# su postgres
# cd /usr/lib/postgresql/8.4/bin
# ./pg_resetxlog -f /var/lib/postgresql/8.4/main/
# ./pg_ctl -D /var/lib/postgresql/8.4/main start
これで一応直る(でもDBがなくなってる)
# ./pg_ctl -D /var/lib/postgresql/8.4/main stop

# いろいろやったが結局、PostgreSQL を止めた状態で rsyncで正常に動いているサーバから丸ごと転送かけた
# rsync -rtlzvogpHAX –rsync-path=”/usr/bin/rsync” –block-size=4096 –delete -e “ssh -p 22″ /var/lib/postgresql/8.4/ root@1.1.1.4:/var/lib/postgresql/8.4/

12.さくらのVPSでテスト環境を作る

12-1.OSはISOからインストールする
  ここ(http://old-releases.ubuntu.com/releases/10.04.0/)からダウンロード
  ubuntu-10.04.4-server-amd64.iso

12-2.sftpでサーバーへISOイメージをアップロードする
  コントロールパネルから「OSインストール」をクリックして「ISOイメージインストール」を選択
  「SFTPアカウントの作成を行う」を選択
  FTPで、アップロード

12-3.IPアドレスの設定
  Ubuntuの設定で、IPアドレスを設定します
  コントロールパネルの情報を転記(IPアドレス、ネットワークマスク、ゲートウェイ、DNSサーバー)
  あとで設定は上書きするので、「OpenSSH server」だけ選択

12-4.ログイン

12-5.rootのパスワードを設定
$ sudo passwd root
$ su -
#

12-6.visudo してsudo時にパスワードを聞かれないよう変更
# visudo
%sudo ALL=(ALL:ALL) NOPASSWD: ALL

12-7./etc/ssh/sshd_config を編集
# nano /etc/ssh/sshd_config
Port 22xx
PasswordAuthentication no

12-8.sshサーバを再起動
# service ssh restart

12-9.認証キーを作る
# cd
# mkdir .ssh
# nano .ssh/authorized_keys
# cp -a .ssh/ /home/myuser
# chown -R myuser:myuser /home/myuser/.ssh/

12-10.teratermからsshで入りなおす

SQL:CASE WHEN

 
PostgreSQLだけというわけじゃなくて、いまのいままで(自分が)知らなかったのがびっくりというネタ。
それは、SQL文での CASE式。昔々、Accessで IIF(三項演算子)は使ったことがあったけど、SQLに IIFがないというのも、これを書こうと思って、ググって知ったくらい。

SELECT name, CASE sex WHEN 1 THEN '男' WHEN 2 THEN '女' ELSE '未記入' END as sex
FROM test_tbl

ほかの使い方はこちら「SQL の CASE 式って知ってますか?」参照。

SELECT count(*),
  CASE code WHEN 'M' THEN '男性' WHEN 'F' THEN '女性' ELSE 'オカマ?' END
FROM table1 GROUP BY code;

SELECT
 SUM( CASE WHEN code = 'M' THEN 1 ELSE 0 END ),  -- 男性の人数
 SUM( CASE WHEN code = 'F' THEN 1 ELSE 0 END )   -- 女性の人数
FROM table1;

CONSTRAINT check_salary  -- 平社員は給与が20万円以下という制約の例
 ( CASE WHEN code = '平社員' THEN 
   CASE WHEN salary = 100000 THEN 販売価格 * 0.9 ELSE 販売価格 END;

PostgreSQL:いろいろ Tips

 
INSERTで「nonstandard use of \\ in a string literal」というエラーが出たとき。
シングルコートを「E’」にすれば OK。「E’C:\\hogehoge.txt’」
 
PostgreSQLで INSERT直後の主キーの値をとりたいとき。

SELECT currval(pg_catalog.pg_get_serial_sequence('test_table', 'pkey'))

SELECT lastval()

下の方は同じセッション内でとるとき。次のやつは nextvalでとる。

SELECT nextval(pg_catalog.pg_get_serial_sequence('test_table', 'pkey'))

EC-CUBEでは関数が用意されているので、それを使うのが吉。(でないと、MySQLになったとき動かない)
 
ついで。PostgreSQLのユーザ設定。GRANTはテーブル単位しかかけられないって知ってました?
オートインクな主キーのあるテーブルは、シリアルキーのテーブルの方も grantしとかないとエラーになるので要注意。
 
も一つついでに。Ruby + DBI + Postgresでなにかやろうとしたときは、「Ruby DBI モジュールを使う」は必見。

Ruby で DBI で PostgreSQL

 
前回の続き。
違うユーザでコネクトできたから OKとしてましたが、実際テーブルの操作をしようとするとエラーになったので、対処。

# ruby test.rb
/usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/dbd-pg-0.3.9/lib/dbd/pg/statement.rb:62:in `execute': ERROR:  permission denied for relation dtb_contact (DBI::ProgrammingError)

#irb
> require 'rubygems'
> require 'dbi'
> dbh = DBI.connect("dbi:Pg:test_db:localhost", "test_user", "test_pass")
> dbh.select_all("SELECT * FROM dtb_contact") {|row| p row }
DBI::ProgrammingError: ERROR:  permission denied for relation dtb_contact

DBへは接続できるけど、テーブルをリードするパーミッションがないよと。
ま、当然ですね。DBの ownerと違うユーザでコネクトしてるんですから。じゃあ、パーミッションを出しておきます。

# psql test_db -U test_db_owner
> grant all on dtb_contact to test_user;
GRANT

これで本当に OKです。

Rubyから PostgreSQLを使う

 
Rubyから PostgreSQLを使おうとして、ちょっとつまづいたので、後進の人のためにメモ。
入れようとした環境はこんな感じ。

  • Ubuntu 9.04(サーバ版)
  • ruby 1.8.7
  • Rails (2.1.0) + passenger (2.0.1)
  • psql (PostgreSQL) 8.3.9

つまり、少し古い Rubyと Railsが動いていて、かつ、PostgreSQLも動いていて、いま動いているものは変えたくないということ。
 
Read More

EC-CUBEから学ぶ PostgreSQLのリモート接続

なんかの雑誌みたいな見出しですが、EC-CUBEのインストールをしようとして、PostgreSQLのリモート接続ではじかれたので、対処法をメモ。
インストールのDB設定のところでこんなエラーが出たわけです。

DB Error:
[nativecode=pg_connect() [function.pg-connect]:
Unable to connect to PostgreSQL server: could not connect to server:
Connection refused Is the server running on host "192.168.1.xxx" and accepting TCP/IP connections on port 5432?

TCP/IP接続が許可されてねーんじゃないのということです。
EC-CUBEは、ひとつ前のバージョンをインストールしてるんですけど、どーやってインストールしたんですかね?
 
ググるとここ(質問 > その他 > PostgreSQLでUNIXドメインソケット接続での使用は可能か)にそれらしいことが書いてありました。
ここでは、EC-CUBEのインストーラの方にパッチをあててますけど、今回は真っ当に PostgreSQLの方をリモート接続できるようにしてみます。
 
さらにググって、postgresql.conf と pg_hba.conf に設定を書けばいいということがわかったので、こんな風にしてみた。

# e postgresql.conf
listen_addresses = '192.168.1.3'

# e pg_hba.conf
host  all  all  192.168.1.0/24  trust

 
で、PostgreSQLをリスタートしたら、エラーで起動しないでやんの。

 * The PostgreSQL server failed to start. Please check the log output:
2010-07-03 12:39:31 JST LOG:  could not load root certificate file "root.crt": no SSL error reported
2010-07-03 12:39:31 JST DETAIL:  Will not verify client certificates.
2010-07-03 12:39:31 JST LOG:  could not bind IPv4 socket: Cannot assign requested address
2010-07-03 12:39:31 JST HINT:  Is another postmaster already running on port 5432? If not, wait a few seconds and retry.
2010-07-03 12:39:31 JST WARNING:  could not create listen socket for "192.168.1.3"
2010-07-03 12:39:31 JST FATAL:  could not create any TCP/IP sockets

 
結局、listen_addresses = ‘*’ じゃないといけなかったみたい。なにが問題なんだろうか。動くようになったからいいけど。

# e postgresql.conf
listen_addresses = '*'