プロバイダメールが使いたいときの続き

 
プロバイダメールが使いたいときの続きです。
docomoあてのメールを「ぷらら」に中継してもらって送ろうとしたところまでが前回でした。で、実際やってみたところ、それだけではうまくいかなかったので、やったことの記録メモです。

 
まず、戻ってきたエラーはこんな感じ。
[code]
status=deferred (host email.mail.plala.or.jp[58.93.255.113]
refused to talk to me: 421 msa02a.plala.or.jp
connection refused from [x19.x17.x01.x74])
[/code]
『私に話しかけないで(refused to talk to me)』って、どんだけ高ビーな女なんだ!
 
それがひと段落すると今度は、これ。
[code]
status=deferred (delivery temporarily suspended:
host email.mail.plala.or.jp[58.93.255.113]
refused to talk to me: 421 msa02a.plala.or.jp
connection refused from [x19.x17.x01.x74])
[/code]
『混んでるからちょっと待っててや(delivery temporarily suspended)』って、どこの関西商人やねん!
 
ま、こんな感じです。docomoに直接 deferredされない代わりに、ぷららに deferredされちゃってます。これじゃどうしようもないので、こちらの Postfixの設定を変えることにします。
 
[code]
# e /etc/postfix/transport

docomo.ne.jp docomo-smtp:[email.mail.plala.or.jp]:587
.docomo.ne.jp docomo-smtp:[email.mail.plala.or.jp]:587
[/code]
[code]
# e /etc/postfix/master.cf

docomo-smtp unix – – n – 1 smtp
-o smtp_destination_concurrency_limit=1
-o smtp_destination_recipient_limit=1
[/code]
[code]
# postmap /etc/postfix/transport
# /etc/init.d/postfix restart
[/code]
main.cf内に「transport_maps = hash:/etc/postfix/transport」があることは前提。
これで、docomo の smtp に限り、一度に1つしかメールを送らなくなるはず。(これをやっておかないと、効率重視で、複数プロセスが同時並行的に1コネクションにメールをギュウギュウ詰め込んで送ることになるので)
 
こんなに手厚く対応するなら、なにもプロバイダメール(ぷらら)じゃなくて、Gmailでいいんじゃないの、という疑問が沸々と湧いてきておりますが、もう少し様子をみてから「ぷらら」を解約するかどうか決めます。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です