IPアドレスでアクセス拒否

ちょっといろいろあって「お断り」したいアクセス元があったので、しばらくIPアドレスで拒否っと。
まず、どこから来てるか、それを調べる。
[code]
# lsof -i:80

COMMAND PID USER FD TYPE DEVICE SIZE NODE NAME
apache2 23768 www-data 17u IPv6 54246506 TCP ubuntu904A:www->i125-201-8-158.s05.a023.ap.plala.or.jp:53982 (ESTABLISHED)
apache2 23770 www-data 5u IPv6 54100032 TCP *:www (LISTEN)
apache2 23770 www-data 17u IPv6 54246505 TCP ubuntu904A:www->i125-201-8-158.s05.a023.ap.plala.or.jp:40936 (ESTABLISHED)
apache2 23778 www-data 5u IPv6 54100032 TCP *:www (LISTEN)
apache2 23778 www-data 17u IPv6 54246518 TCP ubuntu904A:www->i125-201-8-158.s05.a023.ap.plala.or.jp:38658 (ESTABLISHED)
apache2 23780 www-data 5u IPv6 54100032 TCP *:www (LISTEN)
apache2 23780 www-data 17u IPv6 54247178 TCP ubuntu904A:www->spider79.yandex.ru:54332 (ESTABLISHED)
apache2 23794 www-data 5u IPv6 54100032 TCP *:www (LISTEN)
apache2 24506 www-data 5u IPv6 54100032 TCP *:www (LISTEN)
apache2 24506 www-data 17u IPv6 54246543 TCP ubuntu904A:www->i125-201-8-158.s05.a023.ap.plala.or.jp:41587 (ESTABLISHED)
[/code]
ま、こんな感じのレポートが出てくるわけです。(この例は、aguse.jpを動かしたときのもので、aguse.jpを拒否りたいわけではないので。念のため)
 
この例で言うと「i125-201-8-158.s05.a023.ap.plala.or.jp」を拒否りたいので、これをIPアドレスをなんでもいいんですけど、調べる。
[code]
# dig i125-201-8-158.s05.a023.ap.plala.or.jp

;; ANSWER SECTION:
i125-201-8-158.s05.a023.ap.plala.or.jp. 3600 IN A 125.201.8.158
[/code]
 
で、「125.201.8.158」をしばらく拒否ろうかなと。
[code]
# iptables -I INPUT -s 125.201.8.158 -j DROP
[/code]
 
iptablesの状態を見てみると、
[code]
# iptables -L
Chain INPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination
DROP all — i125-201-8-158.s05.a023.ap.plala.or.jp anywhere

Chain FORWARD (policy ACCEPT)
target prot opt source destination

Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination
[/code]
 
戻すときは、
[code]
# iptables -D INPUT 1
[/code]
指定している数字は、iptables -Lで出てくる順番です。いまは1つしかないから1。
 
このやり方(プロバイダのIP制限)をすると、巻き添えを食ってアクセスできない人がたくさん出ると思うので、緊急事態だけね。
 
参考:
iptables で特定IPからのアクセスを拒否
第9回 IP認証によるアクセス制限のテクニック

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です