jQuery:Uploadify

jquery

PHPで複数ファイルのアップロードをなるべくスマートにやる方法はないかなぁと探し回ってたどり着いたのが、コレ。
自分的にはベストな解答です、たぶん。
 
詳しい使い方は「Ajax風にファイルをアップロードするjQueryプラグイン「Uploadify」の使い方」が超詳しいので、こちらを参照のこと。
 
以下は自分的にポイントとなったところ。

  1. 既存のPHPシステム(例えば、EC-CUBEなど)とはできるだけ独立した形にしたかったので、少し工夫した。
  2. 呼出し部分は小さいので、display:none で本体のHTMLに組み込む。例えば、こんな感じ。
    
    $(document).ready(function() {
      $("#uploadify").uploadify({
        'uploader'     : '<!--{$TPL_DIR}-->js/uploadify/uploadify.swf',
        'script'         : '<!--{$TPL_DIR}-->js/uploadify/uploadify.php?rand_no=<!--{$rndNo}-->',
        'cancelImg'  : '<!--{$TPL_DIR}-->js/uploadify/cancel.png',
        'folder'         : '<!--{$smarty.const.IMAGE_TEMP_URL}-->',
        'queueID'     : 'fileQueue',
        'auto'          : false,
        'buttonText' : 'Select Files...',
        'multi'         : true
      });
    });
    
    <div>
      <p style="margin:0">画像ファイルを選択して、Uploadしてください。</p>
      <div></div>
      
      <div style="float:right"><a href="fnModeSubmit('upload_image','image_key','sub_image'); tb_remove();">Close Window</a></p></div>
      <p><a href="$('#uploadify').uploadifyUpload();">Upload Files</a> <a href="jQuery('#uploadify').uploadifyClearQueue()">Cancel All Uploads</a></p>
    </div>
    

    ちょっと見慣れない細工コードが入っているのは無視無視。たったこれだけでアップローダ定義完了。

  3. 特殊なことをしている点は、複数の人が同時にこのアップローダを使った場合、同じテンポラリ・フォルダを使うことになるので、ファイル管理用のランダム文字列を持たせたこと。(ほんとは rand()だとかぶる危険性もあるんだけど、今回は管理画面からのアップロードということで、せいぜい10人未満の同時使用しかないだろうから、そこには目を瞑った)
  4. それと、#uploadブロックは通常非表示で、Thickboxのモーダル・ウィンドウで上がってくるようにしている。
    <a href="#TB_inline?height=430&amp;width=405&amp;inlineId=upload&amp;modal=true" title="Uploadify" class="thickbox">Uploadify</a>
    

    こうすると本体のHTMLを汚さなくて済むからいいよね。で、Close Windowのとき、fnModeSubmit()といういままでアップロードボタンに割りつけていた関数を呼んでフックをかけると。

  5. サーバ側もいたってシンプル。
    if (!empty($_FILES)) {
      $tempFile = $_FILES['Filedata']['tmp_name'];
      $targetPath = str_replace('//','/', $_SERVER['DOCUMENT_ROOT'] . $_REQUEST['folder'] . '/');
      $targetFile =  $targetPath . $_FILES['Filedata']['name'];
      move_uploaded_file($tempFile,$targetFile);
    
      $_FILES['Filedata']['tmp_name'] = $targetFile;
      $fp = fopen($targetPath.$_REQUEST['rand_no'], "a");
      fputs($fp, serialize($_FILES['Filedata'])."\n");
      fclose($fp);
      echo "1";
    }
    

    複数ファイルをまとめてアップロードすると、この PHPが回数分呼ばれることになる。
    やってることは、渡されたファイルをフォルダに移して、なんのファイルを移したかファイルに記録しておくだけ。
    このときのファイル名に例のランダム文字列を使ってる。

  6. あとは、この $_FILES がシリアライズされたファイルを読んで、あたかも $_FILESで入ってきたように振舞ってやれば OK。
    $no  = 0;
    $buf = @file(IMAGE_TEMP_DIR . $this-&gt;rndNo);
    if ($buf) {
      foreach ($buf as $e) {
        $no++;
        $key = "sub_image".$no;
        $_FILES[$key] = unserialize($e);
        $this-&gt;arrErr[$key] = $this-&gt;objUpFile-&gt;makeTempFile($key, IMAGE_RENAME);
      }
      @unlink(IMAGE_TEMP_DIR . $this-&gt;rndNo);
      unset($_POST['rand_no']);
      unset($this-&gt;rndNo);
    }
    

    EC-CUBEのコードにがっつり入り込んでいるのでわかりにくいけど、シリアライズされたファイルを読んで、アンシリアライズしたものを $_FILESにセットして、処理を継続しているだけ。終わったら、後始末しておく。

こんな感じで活用させていただいてます。ありがとう、Uploadify