初心にかえってWordPressの設定

  1. 前提
    • AWS / EC2, Certificate Manager, Route 53
    • Amimoto
  2. DNS
    • Route 53
      example.com. A ALIAS dualstack.ld1-xxx.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com. (zzz)
      www.example.com. A ALIAS dualstack.ld1-xxx.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com. (zzz)
      example.com. SOA ns-1036.awsdns-01.org. awsdns-hostmaster.amazon.com. 1 7200 900 1209600 86400
      example.com. NS ns-1036.awsdns-01.org. ns-526.awsdns-01.net. ns-1949.awsdns-51.co.uk. ns-432.awsdns-54.com.
      example.com. MX 10 mail.example.com.
      mail.example.com. CNAME sv000.xserver.jp
      example.com. TXT “v=spf1 +a:sv000.xserver.jp +a:example.com +mx ~all”
      www.example.com. TXT “google-site-verification=xxx”

      Aレコードとしてロードバランサーを登録、メールサーバーはXserver、SPF1をTXTレコードに登録
      Googleタグマネージャーを入れる場合はgoogle-site-verificationも登録

    • お名前ドットコム / 独自のNS(ネームサーバー)使用(例)
      ns-1036.awsdns-01.org.
      ns-526.awsdns-01.net.
      ns-1949.awsdns-51.co.uk.
      ns-432.awsdns-54.com.
  3. SSL(Certificate Manager)
    • 証明書のリクエスト
    • パブリック証明書のリクエスト
    • ドメイン名の追加
      *.example.com
      example.com
      別名で*なしを登録しておくこと。*には空は含まれないから。
    • DNS の検証
    • Route 53でCNAMEを追加(ボタンを押すだけ)
  4. EC2
    • ロードバランサー > リスナー > 証明書の表示/編集
    • リスナーに追加する証明書を選択
  5. Amimoto
    • wp-setup example.com
      Wordpressをインストールするコマンドラインツール、SSHで接続してrootで使用すること
  6. WordPress
    • https://example.com
      インスタンス IDを入力するだけ
    • 最新バージョンの WordPressに更新
    • プラグイン、テーマを更新
  7. WordPressプラグイン
    • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
    • All In One SEO Pack
    • AMIMOTO Plugin Dashboard
    • Classic Editor
    • Contact Form 7
    • SiteGuard WP Plugin
      これは必須、ひらがな入力が面倒だけど
    • WP Mail SMTP
      Other SMTP
      sv000.xserver.jp
      TLS / 587
      AWSからメールを送るのはSPAMの扱いが面倒なのでXserverを使用
  8. WordPressテーマ(Enfold)