WordPressで作ったサイトをSEOチェックしたとき、「URLの正規化」ワーニングがでたときにとる対処法

WordPressで作ったサイトをSEOチェックしたとき、「URLの正規化」ワーニングがでることがあります。
ワーニングの原因は、index.php、index.htmlが別ものとして扱われるためです。

対策する理由
index.html(index.php)のあるURLとないURLが混在していると、重複コンテンツとみなされ、SEOの評価を著しく下げる可能性があります。検索エンジンは重複したコンテンツを登録を行うことは基本的にありません。この理由は、同じコンテンツを重複してインデックスしていくと、ある検索クエリに対する検索結果として同一内容を持つ異なるURLを複数表示することになり、検索ユーザーの検索体験の質低下を招くからです。
SEOスカウターβ版より

 

WordPressをインストールすると、インストールディレクトリにこんな感じの .htaccessができます。

# .htaccess
# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

これだと、index.htmlが入ってきたとき、index.phpとは別扱いされて、404エラーになってしまいます。
これを以下のように書き換えます。

# .htaccess
# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
Options +FollowSymLinks
RewriteBase /
#RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.(html|php)
RewriteRule ^(.*)index.(html|php)$ http://%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

これで、example.com/ と example.com/index.php と example.com/index.html がすべて同一になります。