sshでログインできないときに疑うべき点

今日から急に新しい連載をすることにしました。
いつまで続くかわかりませんが、主として Ubuntu Serverでの気づきについてポイントのみ、書いていきたいと思います。(難易度:高)

クライアントで鍵を準備。
ssh-keygenで .ssh/id_rsaと .ssh/id_rsa.pubができるので、scpでサーバへコピーする。

$ ssh-keygen -t rsa
$ scp -P 22 .ssh/id_rsa.pub Server-IP-Address:~/

 
サーバ側の作業。
.ssh/authorized_keysに公開鍵を追加しておく。

$ cat id_rsa.pub >> .ssh/authorized_keys

 
普通はこれでログインできるはずだが、エラーがでたときに疑うべきところ。

$ ssh -p 22 user@server-name
A) ssh: connect to host server-name port 22: Connection refused
B) Permission denied (publickey).

 
A)の場合

  1. クライアントの /etc/hostsを疑う。server-nameが名前解決できてないかも。
  2. サーバの sshd が立ち上がっていない。
  3. ルータの port forwardが正しくできていない。
  4. サーバの /etc/ssh/sshd_configの ListenAddressで制限されている。
  5. サーバの /etc/hosts.allowで制限されている。

 
B)の場合

  1. サーバの .ssh/authorized_keysが間違っている。

1 Comment so far

  1. [...] sshでログインできないときに疑うべき点 | Satake Studio Developer’s Blog [...]