Archive for 5月, 2010

WordPressの投稿に複数画像を一括挿入

WordPressで唯一面倒だと思うのが、画像の挿入。
アップロードはまとめて一括であげられるんだけど、それを投稿に入れようとしたら、一枚ずつ指定しないといけなくて、なんでこんな仕様にしたんだろうと思うことたびたび。チェックボックスをチェックしたものだけ、一括操作で「投稿挿入」させてくれてもいいじゃんと。
たぶんお客さんに「これ、不便だから何とかならないの?」みたいに言われたらすぐやると思うんですけど、自分が使う分には、まとめてあげといて、名前とサイズをメモっといてあとはエディタ上でコピーするだけだから、なくてもいいっちゃいいんですけど、別件でググってたら、そのものずばりの記事があったのでメモ。『WordPressの投稿に複数のアップロード画像を一括挿入する
まだ、やってませんけど、いずれそのうちに。ちなみに、このサイトは他の記事も辛口でオモシロイです。ポートフォリオとか特に。名古屋の美容室の仕事とか頼まれたら丸投げしたい。

mail loops back to myselfが出たとき

完全なる備忘録。
メールが送れなくて、『mail loops back to myself』みたいなメッセージが出た時は十中八九、main.cf にそのドメインが登録されてません。info@hogehoge.com へ送ろうとしてこれがでた場合は、main.cf の mydestinationに hogehoge.comを登録したかどうかを確認すること。
(この話はもちろん、自分でドメインを管理している場合のお話です)

$ e /etc/postfix/main.cf
mydestination = $myhostname, localhost.$myorigin, localhost, $myorigin, hogehoge.com

WordPress:ページ切替えしないでコメントを投稿

あまりコメントを受け付けるページを作ってこなかったのですが(依頼される方が「(コメントに答えるみたいな)そんなこと、できないよ!」とおっしゃるので)、コメント重視のページを作らざるを得なくなって(なんだか、書き方が変だ)、いろいろやってると、標準のコメント欄って、エラーのとき、ページ遷移してエラーページに切り替わっちゃうんですね。ダサくないすか?
 
て、いうことで、サクサクっとググってみつけたのがこのページ『ページの移動なくコメントを投稿できるWPのプラグイン WDP AJAX Comments』。
日本語で書かれたページがあれば、もちろん、日本語の方が楽ちんですので、はい。なければ、英語のページでもよみますけどね。
ここに書かれている通り、ajax-comments.js のメッセージのみ日本語にしました。あとは、まったくOKです。ありがとうございます。
 
上のがダメだったら、こちら『jQuery で WordPress のコメント投稿を Ajax 化』にしようかなと思って調べていたんですけど、問題なかったので、こちらはメモとして。

サイトスピード

すばらしく助かったのでメモ。
 
ウェブページ全体及びそのオブジェクトの分析
ファイルごとにダウンロード時間を計測してくれます。
 
あと、aguse.jp にもお世話になってます。
サイト全体の管理情報の表示や、aguse gatewayで迂回アクセスができるので、外からアクセスするとどのくらいのレスポンスかなど、いろいろと助かってます。
 
HTTP Status Code
なんかあったときはここ。HTTPのステータスコード一覧です。
 
ログファイルの分割ツールについて。これはどこかに書いておきたかったので。

備忘録:透明化

CSSで透明化するのって、どうするんだっけっていつも迷ってしまうので、メモ。
ここに書いてある通り。
[CSS]IE8にも対応したクロスブラウザ用の不透明度の指定方法
正直そろそろ、これ「opacity: .75;」だけでいってほしい気はする。
 
透明化だけではなんなんで、『236:HTMLをエスケープする/エスケープをはずす』も。
半角の&は割とそのまま使えることが多いのでそのままにしてるけど、ちゃんと&にしとけよという話。

SEO対策まとめ

あまり積極的にやるのもダサいかなと思いつつ、他人(ひと)に知られないと始まらないじゃんという想いもあるので、いくつか有益と思われる情報を調べてみました。
 
初心者が効率良くSEOテクニックを身につける方法 【パシのSEOブログ】
初心者はまずここから。
ここにも書いてある通り、専門書は何冊か買いましたが、結論としては必要ないと思います。中味が薄いし、書いてあるようなことはググれカスです。
Yahoo、Google、Bingの管理者ツールの登録』、ここがキモですね。最低限、この3つはやっておきましょう。
 
Yahooサイトエクスプローラーについては『ヤフーサイトマップの登録方法』がオススメ。わかりやすいです。
サイトマップ用xmlファイルの超簡単な作り方(Google,Yahoo,MSN対応)』もいいです。
 
Yahoo!はいろいろテクニックがあるようで難しいですね。知恵袋の活用というのがキーワードなんですかね。(ちょっとブラックな話題なのでスルー方向で)

キャッシュその他

WP-Super-Cacheのときに懲りていたはずなんですが、またやってしまいました。(スーパーキャッシュのときは、通販サイトのカートがクロスサイトスクリプティング対策をやってて、そのワンタイムトークンごとキャッシュしてたので、キャッシュを読むとXSSエラーになるという。orz…)
 
Apacheに cache と disk_cache というモジュールがあって、Apacheレベルでキャッシュしてくれるなら、きっと汎用性が高いだろう(スーパーキャッシュのときのようなことはないよね)と勝手に思って、この2つを available にしたんですが、WordPress Muでリダイレクト無限攻撃!orz…
 
「キャッシュがある程度溜まる」&「ブラウザのCookieの状態」&「なにか」で無現リダイレクトになるみたいで、ちゃんと追っかけきれてないんですが、301攻撃の嵐!
mod_evasiveを入れていたので、DoS攻撃だとみなされて、403 Forbiddenと踏んだり蹴ったりです。
気をつけましょう。

WordPressプラグインメモ

いまのところ使わないけど、そういうニーズも出そうだなと思うのがこれ↓
連続投稿を可能にするプラグイン Continuous Post Plugin
 
これはきっと使うなと思うのがこれ↓
Post Templates
Post templates 日本語リソース
投稿ごとにデザインテンプレートを変更するプラグイン – Custom Post Template
特定の記事やページをテンプレートにするプラグイン[WP]
ここに気になる追記が。

※2009/5/9追記 – ショップや不動産関係など、同じ雛形の記事を更新するサイトの場合は、AddQuicktagsというプラグインを利用した方が簡単です。後々のサイト管理を楽に行いたい場合は、カスタムフィールドを使用してテーマを直接カスタマイズした方が良いでしょう。

なるほどね。

LinuxいろいろTips

[Linux] プロセスIDを調べてみる
ps aux とか ps -ef 、 pgrep なんかは普段使っていなかったので、勉強になった。
 
Apache で mod_cache を使う

# a2enmod cache
# a2enmod disk_cache

# e /etc/apache2/mods-available/disk_cache.conf
CacheEnable disk /

これでOK。
WordPress Muで問題が発生したので組込み中止!
 
ubuntu(Debian系Linux)のApache2.2の設定管理
有効化したモジュールは、/etc/apache2/mods-enabledにファイルが作成される、ということが知りたかった。

Apache DoS攻撃対策 mod_evasiveインストール

必要に迫られてmod_evasiveをインストールしたのでメモ。Ubuntu9.04でのことです。
そのものずばりの記事がこちら ⇒ How to mod_evasive Ubuntu 9.04

sudo apt-get install libapache2-mod-evasive

こうするだけでいいよ(That is all there is to it.)と。
ほんとかなぁ?
ほんとに動いているかどうか心配だって?(How to test that it works ?)
じゃあ、F5連打してみなよ、すぐわかるから。(Simply open any browser, got to your server’s home page, and click the reload button as fast as you can.)
 
で、やってみました。
1秒間に2、3回程度なら全然拒否られません。
ガーっと連打というか押し続けると、こんな画面が。

Forbidden

You don't have permission to access / on this server.

みごとです。しばらくは間をおいてもこの画面でした。ちなみにサーバ側は 403を返しています。
 
Ubuntuではこれだけですが、ソースから入れたりしての詳しい設定方法などは、以下を参照。
Apache DoS攻撃対策 mod_evasiveインストール&設定 – Linux

« 前ページへ次ページへ »